構造・工法

2×6 震度7の1.5倍もの地震に耐える強さ!

住宅性能評価の最高ランク「耐震等級3」相当の安心・安全な家づくりをしています。

耐震等級とは

優れた耐震性を持つ「ツーバイシックス構造(枠組壁工法)」

2×6(ツーバイシックス)工法は、欧米では標準的な木造建築物の工法の一つで、2インチ×6インチ断面の角材を使用した枠と、構造用合板パネルで躯体を構成する工法のことをいいます。

ジョイホームデザインでは、ツーバイフォー工法より幅広な構造材を使用することにより、より強い構造体を実現しました。

規格材

地震の力を分散させる「モノコック構造」」

軸組工法が柱や梁などを「点」で結合するのに対し、高耐震2×6構造は「面」により建物を支えています。 「面構造」を基本にした住宅は、家全体が強いモノコック構造(一体構造)となり強い耐久性を持ちます。
地震や台風などの外力を壁・床・屋根の6面全体で受け止めるので、家の一部分に負荷が集中することがありません。 家にかかる力を分散することで、倒壊や損壊を防ぎ、高耐震・高耐久の住宅を実現しています。

モノコック構造は、強度が求められる新幹線やスペースシャトルにも採用されています。
また、柱の無い吹き抜けや勾配天井などの大空間を作るのに適しています。

PHOTO
外力が柱や梁などの結合部分に集中するため、1ヶ所に大きな負担がかかり、構造体が変形しやすくなる。
2×6の面構造は、壁・床・屋根の6面全体で外力を受け止め分散。建物が変形しにくく耐震性が高い。

地震保険の支払い実績

枠組壁工法は地震保険の支払い実績が最少!

2×6構造を含む枠組壁工法は、コンクリートなどの非木造や軸組工法に比べ地震保険の支払い実績が最も少なく、地震に対して強いことを表しています。

地震保険支払実績表

全棟構造計算

法律上「構造計算」は義務化されておりませんが、ジョイホームデザインでは全棟で「構造計算」を行っています。
構造計算とは、固定荷重・積載荷重・風荷重・地震荷重などに対して家がどのように変形するかを計算するものです。「構造計算」を行うことで根拠の確かな耐震性能の建物となり、全てのお客様がより安全に暮らしていただけます。

地震保険支払実績表


地震に強い構造用合板「スターウッド」

耐力壁下地用面材「構造用スターウッド」は優れた強度・耐久性を持ち、建物を地震・シロアリ・腐れ・結露から守ります。
構造用スターウッドは下記4つの優れた特長を持っています。

透湿性
■カップ法による透湿性試験の透湿抵抗値の比較
透湿性(表)

壁倍率
■構造用スターウッドの壁倍率
壁倍率(表)
防腐防蟻性
■防腐防蟻性能試験による重量減少率
防腐防蟻性(表)

耐久性
■屋外暴露による各材料の釘性能変化
耐久性(表)

出典:木造住宅耐力壁下地用面材 構造用スターウッドカタログ ホクシン株式会社(2011.7)


InstagramPAGE TOP
InstagramfacebookPAGE TOP
0120-864-633