防犯

家族の安全と財産を守る「防犯を考えた住まい」

空き巣などの犯罪手口の悪化や、発生件数の急増に対応し、ジョイホームでは、CP対応の玄関ドアを標準採用。
また、防犯ガラス、センサーライトなどのセキュリティーシステムもご提案しています。

防犯を考えた住まい

※防犯ガラスはオプションとなります。

防犯性の印の「CPマーク」

空き巣などの侵入盗の多くは、犯行時間が掛かることを嫌います。その約7割は、5分以内に侵入できない場合は諦めると言われています。つまり、犯人を諦めさせることが肝心です。

そこで、警察庁と国土交通省、経済産業省、関連部品メーカーからなる官民合同会議が設置され、防犯性能の高い建物部品と認定した部品につける「CPマーク」が制定されました。

防犯性能の高い建物部品とは、実際の侵入犯罪の手口に対して、5分間抵抗性能を有することを目標としています。

CPマーク


家族の安全と財産を守る「防犯を考えた住まい」

空き巣からの被害を防ごうとしたら、空き巣に狙われない設計段階からの工夫が実は重要となります。

例えば、

  • 電気業者やガス会社の社員を装い、メーターの検針を装って裏口に侵入することができないようにメーターの位置を外から見える位置に設置する工夫
  • 人目に入りにくい部分の窓は小さく、高い位置(身長より高い位置)に設けることで空き巣が侵入しにくい状態を作る工夫

等が挙げられます。

InstagramPAGE TOP
InstagramfacebookPAGE TOP
0120-864-633